ブスとイケメンの失恋日記

アラサーOLが彼氏にフラれた情けない日記

閉鎖します。

お久しぶりです。

どうもこんばんは、R子です。

 

まったく更新していないまま半年近くたっていますが、

未だに月間PVが1000を超えていることに驚いています。

ブログ村かな~と思っていたのですが、意外とGoogleからのアクセスが多く

たぶんですけど

 

ブス イケメン

で、検索してきてんちゃうかな、と。

 

わかるわかる。私も、「ブス」「モテない」「美人になりたい」「馬鹿にされる」とか、卑屈なワードで検索するからな。うんうん。

あ、違う?ごめんて

 

読者登録してくださっていた方もいたし、

先日なんかはわざわざコメントするためにアカウントを作ってくれた人もいててんけど

 

申し訳ない。

このブログ、閉鎖します。

 

なんでかって、別のブログをやりたくなったんですよねw

リアルの人には私がネット恋愛してたことはひた隠しにしていて、

できれば今後も知られたくはない過去だからですw

 

別に恥ずかしいとかではなくて、

単純に何も知らない知り合いに否定されたくない(影でも)という理由です。

 

もう見てる人なんてほとんどいないとは思うんだけど、

この場を借りて、お礼を言います。

 

あのつらい時期に、ああして思いのたけを綴って、誰だかわからないけど、

とにかく誰かが私の思いを読んでくれた。

それだけで、私には救いでした。

 

本当にありがとうございました。

時期を見て、閉鎖すると思います。

 

またどこかで。

全部捨てろって思う?うん、私もそう思うよ。

お久しぶりです。

ご無沙汰しておりました。R子です。

生きてます。

 

更新したいなって思ってはいたんやけど、

単純に書くことがなかってんな。

この間までに書ききったことを延々考えてた。

 

でもね、ちょっとずつだけど。

ほんまに少しやけど。

つらくてしんどくて、今にも叫んで泣き出したくなることは減った。

 

ぶり返すんやけどね、

きのうもぶり返したんやけどね。

 

 

いろんなことをやってます。

ストレートが好きって言われてたから髪は巻かなかったけど、巻き髪の練習をした。

化粧した顔が好きじゃないって言われてたからなるべく化粧を薄くナチュラルにしてたけど、化粧をしっかりするようにした。

つけまつげが苦手だけど、ちゃんとつけられるように練習した。

ジムにも通い続けた。

 

今日ね、職場の男の人に「ひさしぶりに会いましたけど、お世辞じゃないですよ、綺麗になりましたね。」って言ってもらったん。

ダイエットしてます、とか、言ってなくて。

ただ、仕事で用があって少し話す時間があって、そんときに。

 

ああ、私のやって来たことは無駄じゃなかったんだなって。

お世辞だったかもしれないけど、男の人にほめられたのはとてもうれしかった。

 

 

彼が居なくても大丈夫になっていく自分が、本音は少し悲しい。

今でも毎日思い出す。

元気なふりしてるし、ふいに涙が出てくることも減った。

つらいよ

つらいけどね

だんだん、大丈夫になっていくんやなぁ。

 

今苦しんでる人は、絶望しんとってほしい。

こんなつらいの、いつか楽になるときが来るのかなって私も何百回も思ったけど。

 

きっと大丈夫やから。

 

 

 

彼と微妙な関係になってから、どうしてもモヤモヤつらいことがあったとき、

ひたすら思うことを書いてたノートを久しぶりに開いたんやけど、

彼とデートしたときのチケットやレシートがはさんであった。

 

忘れててな、立ったまま不用意にノートを開いてな、

ノートから滑って、ひらひら舞った。落ちていく間、不思議とスローモーションだった。

 

それを拾うのにひどく時間がかかった。

ひとつ拾うごとに、彼の笑顔を、楽しかった時間を、大好きだった気持ちを思い出した。

 

全部捨てろって思うやろ?

うん、私もそう思う。

 

でもね、まだ無理みたいやわ。

 

いつか捨てられる日が来るといいな。

 

 

浸りたい人、これでも聞いて泣きや。

 

 

 

よかったら、押してね、ポチ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ

だれかを好きな人はすてきだ

だれかを好きになることは素敵なことだと思う

 

彼が好きだった

仕事やめてようが、セフレがいようが、

私以外の人を見ていたって

ないがしろにされてたって

好きだった

大好きだった

 

今まで彼がしてきたことをぜんぶぜんぶ知ったって好きだった

きっとまだ見えてないことだってある

それでもやっぱり好きだ

 

これからの自分を考えたって

どうやったってあの人といたって幸せなビジョンは想像できない

 

彼のところにたくさんお金かけてすごい時間かけて行って

それでもこっちを見てくれない事実があったって

それでも好きだ。まだ好き。

 

たくさんいろんなことを知っても好きな気持ちはぜんぜん消えない。

 

こんな私を好きだって言ってくれる人もいた

別れるのを待ってたんだけど、って、告白してきてくれた人だっていた。

 

でもだめだった

どうしたん、私。

 

浮気されたって好きって言ってる人をみて

こいつあほなんかって何度も思ってきた

どう考えたってセフレ扱いの友達を見て

もっと自分を大事にせぇよって思ってた。思ってたし言った。

 

これは執着なんやろうか

 

 

 

もっと頑張りたかった

どんなになっても彼を諦めない自分でいたかった

どんなに変わったって、もう彼にとって私は心地よい人にはなれないんだと思い知った。

彼を嫌いになりたかった。

誰とでもそういうことをして、女の子が大好きで

何人もいる人の一人に自分がカテゴリーされてるんだって知って、

そういうひどい人なんだって思えば、諦められるって思った。

 

知ったって、傷ついただけだった。

現実を突き付けられたって好きな気持ちはぜんぜん消えなかった。

そういう事実とは自分の気持ちは別のところにあると知った。

 

しつこく好きでい続けて、最後は振り向いてもらえるような人になりたかった。

 

 

どうしようもないくらい好きな人とはうまくいかない

彼にとっては私じゃなかった

 

現実を受け入れろ。

情けない、かっこわるい自分をちゃんと見つめろ。

私の気持ちは彼にとってすこしもうれしいものじゃないってことをちゃんと受け入れろ

 

いつまでも悲劇のヒロインでいたって、

素敵ないい女にはなれないのにね。

ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。

「3か月はあきらめる。」

 

私が大好きな職場の先輩の言葉。

パッと見は強く見えるんです。

芯が強くて、自立してて、私とは違くて、人生を精一杯頑張ってきた人。

でも、ほんとはとても繊細で、傷つきやすい人。

 

「3か月は諦める。私のルールです。
なにかつらいことがあったとき、悲しいし後悔もするし、もう死ぬって思う。
でも、それってふつうですよね。辛くて当たり前なんだから、何したって仕方ないし、なので諦めて、ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。」

 「そして3か月経ったら、そこには元気に走り回るR子の姿が……」

「ない」

 

ないんかい。

 

「正直3か月で全快はあり得ません。でも、3か月経ったら不思議と、3か月前に比べたらややマシになってるのよ。3か月前に比べたら前よりは死にたくないかもって思うんです。」

「つらいことが起こって3か月は冷静な判断力を失うので、意識してじっとしていないと、ろくでもないことをしかねない。」

「別れたのにも理由があるのに、冷静に判断できないから下手を打つ。冷静じゃないと死ぬ。」

「3か月耐えてみる。それでも別れた彼が好きなら連絡してみる。」

「何か大きなアクションを起こす前に、様子を見る期間を作るの。自分の様子を注意深く見る期間。」

 

 

私は、あんまり今まで後悔したことがないんです。

決定的な後悔がない。

たぶん、自分のことはそんなに嫌いじゃないんだ。

かわいくない、頭が悪い、要領も悪い。

劣等感はたくさんあるよ。直したいところもたくさんある。

なんでこんなんなんだろうって思いますわ。

だけどね、嫌いにはなれない。

 

だからか、今までの選択を「間違っていた」と思うことがあまりない。

それは今になっているからかもしれない、

私が薄っぺらい人だからかもしれない、

決定的に傷ついて、間違えたことがないから

今自分の身に起こっていることが、怖い。

 

ものごっつ怖い。

 

彼に対するこの想いが

執着なのか、本物の愛なのかすらわからない。

自分のことを好きだと言ってくれた言葉が嘘になるのが怖いから

「どうでもいい人」にカテゴリーされてしまったかもしれない事実を認めることができないだけかもしれない。

 

彼が私のことを本当はどう思っていたのか

それは彼にしかわからないし、もうそんなことはどうでもよくて

ただ事実は「仲良く付き合っていた期間でも、彼は私を裏切るようなことをした」ということ。

 

自分を大切にしよう。

何したって仕方ないし、なので諦めて、ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。

 

ここから3か月

丸まって嵐が過ぎるのをまとう。

ただ貝のように。

 

 

よかったら、押してね、ポチ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ

暗くなるので

これを聞いてます。

なんかちょっと明るい気分になるよ。

 

 

まあこの映画も彼にオススメされて見たんやけどさ。

 

でもいいもんはいいから。

そのものに罪はない。

 

こいつバカやなあと思ったら、ポチ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ

 

押してくれてる人ありがとう。うれしい。

別れました

もっかい書くわ。

 

別れました。

 

大事なことやから2回書いたった。

 

 

彼な、

セフレおった。

 

いつまでも別れられんとうだうだしてた私に友達が教えてくれましたわ。

 

「ずっと黙っててごめん。楽しそうだったから墓場まで持っていこうと思ってたんだわ。」

 

いや、君悪ないわ。

教えてくれてありがとう。

 

 

いやそうやんな。

そらごっつイケメンでバンドマンの彼が言う通り清廉潔白なわけないわな。

イケメンなめてたわ。

 

ほら見ろ、ブスが調子乗っとるからこうなるねん。あほか。

身の丈に合わん人と付き合うからこうやって馬鹿を見るねん。

 

あーーーーあほらし!!!!!!

 

 

 

 

 

 

いや、ウソ。ごめん。

どうやら私傷ついてるみたい。

しかもそれ、付き合ってまだ1か月2か月経った頃の話で

まだ毎日「大好きー」って話してるころで

うまくいってるとかいってないとか関係なかったんや。

彼はもともとそういう人やったんやわ。

 

わからん

男の人は本命の彼女がおってもセックスは別とか言うよな。

下半身と上半身は違うっていうよな。

でもわからん、私には理解できん。

 

 

もうずっと2か月ぐらい、別れたほうがいいんやろうなって思いながら

それでもやっぱり好きやったから、いまあきらめて後悔しそうやったから、

いまは都合のいい女でも、いつかまた好きになってもらえるんじゃないかなって思いながら、自分の気持ちだましだまし、辛くても、重っくるしい自分がだめなんやって

 

もっと私が可愛かったら、

もっと私が物わかりのいい、いい女やったら、

違う未来が待ってたんやろうか。

 

「セフレとか作る人の気持ちがわからん」

「浮気なんかしたことない」

 

ぜんぶぜんぶ嘘やった。

私が信じてきた彼は全部全部嘘やったんかな。

 

これでもまだ彼のことを嫌いになれん私はどっかおかしいんかな

 

きっと好きな気持ちがどこかにあったから戻ってくれたんかなって思ってた。

でも私のことを都合のいいセフレでキープぐらいにしか思ってなかったんかな。

それでも彼を責める気にも彼が悪いとも思えん私はどうしてるんやろう。

 

結局彼には何も言わんかった。

セフレがいたってことも、私と会うときにほかの女の子に声かけてたことも。

ほかにもたくさん。ぜんぶぜんぶ知ってたけど、何も言わなかった。

 

私たちの付き合いがうまくいかなかった原因はそこじゃなかったから。

いままでのお礼と、ごめんねを伝えて、別れた。

 

「こちらこそいままでありがとう」

彼の返信は一言やった。

 

これでよかった。

今は痛いけど、苦しいけど、私は正しい選択をしたと思う。

 

きっとイケメンでもバンドマンでも若くても、

誠実な男の人はいっぱいいるはずだ。これは彼の考え方の問題だ。

 

いい女になりたいな。

幸せになりたいな。

 
 
よかったらはげまして。ポチ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ

平行線

季節は夏にさしかかろうとしていた。

相変わらず毎日喧嘩をしていた。
それでも毎日仲直りし、根気よく話し続けてた。
でも、喧嘩を繰り返すたび、お互いの主張がどんどん頑固になって行った。

どちらも譲れない。

何度も何度も繰り返される喧嘩に、ついに彼が耐えられなくなった。

「もう別れよう」

私、パニックになり、支離滅裂。
電話に出ない彼。かけ続ける私。

もう無理だよ、という彼。
別れたくない、という私。


6月に決めていた、7月に会う約束。
何度も彼を説得する私に、彼が折れた。
「気持ち、戻らないかもしれないよ?」
「それでもいい、会ってもダメなら、あきらめる。」


半ば無理やり、会う約束を取り付けた。