読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブスとイケメンの失恋日記

アラサーOLが彼氏にフラれた情けない日記

「あの、おさいふ知りませんか?」

トイレの鏡の前で呆然と立ち尽くす私。
化粧ははがれてない。髪の毛とかしたい。ブラシ忘れてる。

 

手の指が冷たい。

申し訳程度に化粧をなおす。口紅を塗りなおす。
待たせてるもん。戻らなきゃ。

足がすくむ。

 

深呼吸。大丈夫。さあ、もd「あの、おさいふ知りませんか?」

 

は?

 

「え?」

 

黒髪の学生っぽい可愛らしい女の子が立ってる。

 

「ないんです!!お財布!!さっきまであったのに!」

 

いや、知らんがな。

 

「えっと、個室は?」
「みてきます!!」

 

念のため化粧台近くを見回すけど、ない。
個室に行って戻ってきたカワイコちゃん。半泣き。

 

「最後に使ったのは?」
「電車に乗った時です…。でも、トイレに入るまで手に持ってて…。」
「えっと、どんなやつ?」
「ピンクのマイメロのお財布です…。」

 

マイメロて。いや、かわいいけどさ。

 

そうは言われても、手がかりもない。
(こういうときって大抵落ち着いて探したらかばんに入ってたりするんやけどね)
って思いながら、女の子のトートをちらっと見る。

 

ん?

 

トートのサイドポケットに何やらピンク色っぽい分厚いもの。

 

「あの、それ。そのサイドポケットのやつ。違うの?」

 

半泣き通り越してちょっと泣いてたカワイコちゃん
えっ?て顔でトートを探る。引っ張り出す。
超かわいいマイメロのお財布登場。

 

「あっ」


あるやんけーーー!!!!!

口から出そうになったわ。危な。


「ありました!!!!ありがとうございます!!!!」


めっちゃ脱力。
いや、いいけどさ、めっちゃ嬉しそうに笑ってるし。


あれ、私何してたんやっけ。


あっ

イケメン待たせてた。