読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブスとイケメンの失恋日記

アラサーOLが彼氏にフラれた情けない日記

ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。

「3か月はあきらめる。」

 

私が大好きな職場の先輩の言葉。

パッと見は強く見えるんです。

芯が強くて、自立してて、私とは違くて、人生を精一杯頑張ってきた人。

でも、ほんとはとても繊細で、傷つきやすい人。

 

「3か月は諦める。私のルールです。
なにかつらいことがあったとき、悲しいし後悔もするし、もう死ぬって思う。
でも、それってふつうですよね。辛くて当たり前なんだから、何したって仕方ないし、なので諦めて、ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。」

 「そして3か月経ったら、そこには元気に走り回るR子の姿が……」

「ない」

 

ないんかい。

 

「正直3か月で全快はあり得ません。でも、3か月経ったら不思議と、3か月前に比べたらややマシになってるのよ。3か月前に比べたら前よりは死にたくないかもって思うんです。」

「つらいことが起こって3か月は冷静な判断力を失うので、意識してじっとしていないと、ろくでもないことをしかねない。」

「別れたのにも理由があるのに、冷静に判断できないから下手を打つ。冷静じゃないと死ぬ。」

「3か月耐えてみる。それでも別れた彼が好きなら連絡してみる。」

「何か大きなアクションを起こす前に、様子を見る期間を作るの。自分の様子を注意深く見る期間。」

 

 

私は、あんまり今まで後悔したことがないんです。

決定的な後悔がない。

たぶん、自分のことはそんなに嫌いじゃないんだ。

かわいくない、頭が悪い、要領も悪い。

劣等感はたくさんあるよ。直したいところもたくさんある。

なんでこんなんなんだろうって思いますわ。

だけどね、嫌いにはなれない。

 

だからか、今までの選択を「間違っていた」と思うことがあまりない。

それは今になっているからかもしれない、

私が薄っぺらい人だからかもしれない、

決定的に傷ついて、間違えたことがないから

今自分の身に起こっていることが、怖い。

 

ものごっつ怖い。

 

彼に対するこの想いが

執着なのか、本物の愛なのかすらわからない。

自分のことを好きだと言ってくれた言葉が嘘になるのが怖いから

「どうでもいい人」にカテゴリーされてしまったかもしれない事実を認めることができないだけかもしれない。

 

彼が私のことを本当はどう思っていたのか

それは彼にしかわからないし、もうそんなことはどうでもよくて

ただ事実は「仲良く付き合っていた期間でも、彼は私を裏切るようなことをした」ということ。

 

自分を大切にしよう。

何したって仕方ないし、なので諦めて、ただ嵐が過ぎるのを丸まって待つ。

 

ここから3か月

丸まって嵐が過ぎるのをまとう。

ただ貝のように。

 

 

よかったら、押してね、ポチ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 20代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 失恋へ